“Quisque dictum integer nisl risus sagittis convallis rutrum id congue and nibh.”

個別授業のスキル


個別授業では、一人の生徒に対してマンツーマンで授業が行われますから、丁寧に教えることができるようになるでしょう。 勉強している生徒の質問に答えたり、問題を出したりして指導していきます。 個別授業に特徴を出している学習塾も多く、一人一人の生徒に対してオーダーメイドの授業を行っているところがあります。


そのようなオーダーメイド式の学習塾に勤める場合は、生徒の個性を把握する必要が出てきます。 個別授業の場合は、一人の生徒との関わりが多いので、教える生徒が小学生または中学生、高校生とではかなり違ってきます。 また、教える科目も、小学生の場合は「国語・算数・理科・社会」、中学生の場合は「国語・数学・理科・社会・英語」というように教える内容が異なります。


すべての科目を担当するのか、国語とか数学といった特定の教科だけ担当するのかについては、その人の契約内容によります。 個別授業の塾講師のアルバイトを行う場合は、テキストやプリントを自分で作るなど、いろいろできるところもあるようです。 しかし、そこまでのスキルが求められるのは、塾講師のアルバイトに慣れてきてからでしょう。 最初は、学習塾から渡されたテキストやプリントを使って授業を行うことになります。